暇な女子大生が「ちんぽ」とツイートした回数を調べてみた

「暇な女子大生」を名乗るフォロワー約15万のTwitterアカウントをご存知だろうか。マッチングアプリで出会った高学歴エリートとの性行為の記録を日々ツイートする、自称・慶大生だ。以前はトリンドル玲奈の写真をアイコンに使用していた。

 

その記録を「ちんぽの食べログ」と呼び、独特のスピード感ある文体でツイート。140文字の中に「ちんぽ」「東大」「膣ドカタ」「膣キュン」「チツピク」といったパワーワードがこれでもかと詰め込まれている。ちなみに「優勝」という言葉は、エリート男性とのセックスを意味するらしい。

この特徴的な文体と刺激的な内容で注目を集め、週刊ポストや週刊文春といった雑誌のほか、モデルプレスやダイヤモンドオンラインでも取り上げられた。

・暇な女子大生のツイートをテキスト分析

さて、破壊力のある一連のツイートで何回「ちんぽ」「まんこ」「東大」とツイートしているのだろうか。返信を除いた276ツイート(4月11日まで)をテキストマイニングソフトKH CODERで分析してみた。

まずは頻出ワード上位25を見てみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ちんぽ」は378回で圧倒的1位。平均すると1ツイートに1回以上はちんぽという文言が入っていることになる
「まんこ」は166回で2位、「東大」は128回で3位だった。エリートとのセックスを意味する「優勝」は惜しくも4位。「暇な女子大生」が一人称としても使う「ドカタ」も上位に来ている。東大には大きく引き離されたが、京大と慶應は25回と同数で並んだ。

上位25の言葉を組み合わせるだけで、暇な女子大生もどきのツイートが作れそうだ。

次は頻出ワード上位26〜50を見てみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アポ」「飲む」「ご飯」などのTinderで会う男性とのデート関連のワードが並ぶ。
大学名では「東工大」が食い込んだ。暇な女子大生から、たびたびクソと貶められる「早稲田」よりわずかに言及回数が多い。

職業別の言葉で見ると「金融」は17回でトップ。ランキング外だが「電通」は15回、「医者」は11回、「官僚」は8回だった。

暇女パワーワードの「繋がり」を見る

続いて、ある言葉とある言葉との繋がりが視覚的になる共起ネットワーク図を見てみる。

 
「ちんぽ」「まんこ」「優勝」「エリート」「膣」などのパワーワード同士の繋がりは想像通り強い。
「暇」「女子大」「ドカタ」の結び付きは、暇な女子大生の自分語りツイートあたりだろうか。
「食べログ」「垢」「フォロワー」の並びは、自身のアカウントのフォロワー数に言及するときだ。

・暇な女子大生とナンパ師

暇な女子大生がこのような「ちんぽの食べログ」を始めたのは、抱かれたナンパ師にピロートークの最中にナンパ師界隈の存在を教えられたからだという。Twitterに無数に存在するナンパ師は独自のジャーゴンを使い、ナンパの成果を報告し合っている。

・即 → 会ってその日のうちにセックス
・番ゲ → 番号ゲット
・スト値 → ルックスの良さ
・地蔵 → 声かけできず地蔵のようになること
・犬 → 渋谷
・完ソロ → 一人でナンパすること

これらを組み合わせると次のようになる。
「犬で朝から声かけ完ソロ。スト値7の21歳番ゲして放流、その後アパレル20歳Gカップをカラオケ即」
出会い方、相手の年齢、職業、胸のサイズを記号的に記す。極度に圧縮された文体だ。これを女子大生が真似するにあたり、学歴、職業、年収にスペック部分が置き換えられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です